一過性脳虚血発作の初期症状と原因は?正しい知識で健康な体を守る!

一過性脳虚血発作は、あまり聞きなれない病気です。

一過性脳虚血発作とは、初期症状は、原因は、治療方法は、予防するには、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

一過性脳虚血発作とは?

一過性脳虚血発作 初期症状 原因
一過性脳虚血発作は、Transient Ischemic Attack(一過性の、血流が乏しくなる、発作)のことで、略称はTIAと呼ばれます。

この症状は、脳の血液の流れが一時的に悪くなることで、半身の運動マヒなどが数分から数十分くらい起こり、24時間以内に完全に消えます。

一過性脳虚血発作は、脳梗塞の前触れとして重要と考えられています。

初期症状は?

一過性脳虚血発作の初期症状は、脳の動脈が詰まる場所によって違います。運動障害の場合は、片側の手足や顔のマヒなどの症状で、感覚障害の場合は片側の手足や顔のしびれや感じ方が鈍くなるなどの症状になります。

脳血管の異常による運動障害も感覚障害も、ほとんどが片側に起こる特徴があります。言語障害による場合は言葉が出なくなることや、視力障害の場合は、一過性黒内症という片方の目が見えにくくなる症状、視野障害では片側にあるものが見えなくなる症状があります。

こうした症状は一過性脳虚血発作が原因でない場合もありますが、とにかく病院の受診が無難です。

一過性脳虚血発作は、受診の際は多くの場合に症状が消えていますので、問診の際に、身体のどの場所に発生したのか、まひなどはどの程度だったか、症状がどの位続いたのかなどを、医師に説明ができるようにしておくことが必要です。

原因は?

脳細胞に栄養を補給している脳の動脈が、見の塊である血栓で詰まることにより一過性脳虚血発作が起こりますが、脳細胞が死滅する前に血液の流れが良くなれば、脳細胞が回復し症状が消えます。

しかし、脳の血流が悪い状態が続くと脳細胞が死んでしまいますので、運動マヒなどの症状が残ります。この状態が、よく耳にする、脳梗塞と呼ばれる病気になります。

一過性脳虚血発作が起こる原因は、動脈硬化と心臓の病気による二つがあります。動脈硬化の場合は、頸動脈などの太い動脈に動脈硬化が起こるとその表面の血栓が付着し剥がれて、血流にのってもっと先の動脈に引っかかるとまひなどの症状が起こります。

血栓が小さい場合は溶けて流れるために、血流が回復して症状もすぐに消えてしまいます。また、動脈硬化により狭くなった脳の動脈がある場合には、急に血圧が下がるなどで血流が悪くなると症状が出ます。この場合は、頭を低くして求刑している間に、血流が回復すれば症状が改善します。

心臓が原因の場合は、心臓で作られた血栓が脳の動脈に流れて、動脈が詰まると症状が出ます。血栓ができやすい病気は、心房細動という不整脈が多く、心筋梗塞や人工弁が原因で起こりますが、

心臓にできる血栓が大きいので、一過性脳虚血発作よりは脳梗塞として起こることが多いようです。

一過性脳虚血発作/ミルメディカル 家庭の医学動画版

治療方法は?

治療方法は、内科的治療と外科的治療に分けることができます。内科的治療は、短期的もしくは長期的な予防をするための薬物治療を行い、血栓ができることを予防する抗血栓薬による治療と、高血圧、糖尿病、脂質異常症など動脈硬化の原因となる生活習慣病の治療が中心になります。

外科治療は、一過性脳虚血発作の原因が、動脈硬化で狭くなった頸動脈の時に、脳梗塞の予防のために外科手術をする場合があります。狭窄の原因である動脈硬化の塊を除去する手術と、頸動脈の狭窄部分を政情の太さまで広げる手術があります。

予防するには?

一過性脳虚血発作や脳梗塞の原因と関係のある病気は、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙などを要因とする動脈硬化と心房細動の不整脈です。

一過性脳虚血発作や脳梗塞を予防するには、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病を治療することや、喫煙者は禁煙することが必要です。また、心房細動に対して早い段階で対処することが大切になります。

高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病には食事療法が効果的です。減塩の食事や、カロリーや脂肪分を抑えたバランスの良い食事を摂ることで、高血圧や糖尿病、脂質異常症の改善につなげることができますし、肥満の抑制にもなります。飲酒も控えめにすることが必要です。

運動療法も、生活習慣病の改善や脳卒中の予防につながります。適度の運動は、脳卒中の予防につながり、食後の血糖の上昇を抑えるのに効果的です。

Sponsored Links

体験談

一過性脳虚血発作や脳梗塞の体験はありませんが、若い時には暴飲暴食による肥満に陥り、肝機能、脂肪肝などの数値が高くなったことはありました。

ただ、少し気を付けて減量をすると、すぐに正常値に戻りましたので、今までは健康上で深刻な状態になったことはありません。

ただ、これからますます高齢になっていくと、生活習慣病の可能性も高くなるでしょうから、バランスの良い食事や適度の運動に心掛ける必要がありそうです。

まとめ

原因 一過性脳虚血発作 初期症状
一過性脳虚血発作は、脳梗塞の前兆としての症状と考えられますので、発生したらそのままにするのではなく、かかりつけの病院などで受診することが安全です。

すぐに回復しても、脳梗塞を発症することになると厄介なことになります。また、高血圧や糖尿病、脂質異常症などは要因と考えられますので、早めの治療を行い改善することと、不整脈もきちんと改善することが重要です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ