齲蝕の初期症状と原因は?正しい知識で健康な体を守る!

齲蝕(うしょく)という呼び名は馴染みが少ないですが、歯周病と並ぶ歯の病気の虫歯のことです。

齲蝕とは、初期症状は、原因は、治療方法は、予防するには、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

齲蝕とは?

齲蝕 初期症状 原因
齲蝕は、虫歯とも言い、正確には齲蝕症と呼ばれます。口の中の細菌が出す酸によって歯が溶かされる病気で、細菌による感染症になります。

齲蝕が、歯を失う最も大きな原因になります。齲蝕の進行の程度によって、C1からC4までに分類されており、C1が最も軽い症状で歯科治療でも時間が短く費用もあまりかかりませんが、C4は一番重い齲蝕の症状であり、治療に時間がかかり、費用も高くなります。

初期症状は?

初期症状のC1では、歯の構造の外側のエナメル質が侵された状態になります。エナメル質は、人間の体の中でも最も硬い無機質の部分で、痛みや温度を感じる感覚はありませんので、ほとんど痛みを覚えない段階です。

ただ、この段階での治療を怠ると、次のC2の段階に進んでいきます。エナメル質の内側は、象牙質と呼ばれる部分で、歯の神経である歯髄を取り囲むように、数mmの厚さを持ち、有機質で痛みや温度を感じます。

従いまして、齲蝕がこの部分まで届くと、はじめは冷たいものにしみたりします。

更に歯髄付近まで及ぶと、激痛を感じたりします。この神経にまでは達しないで象牙質にとどまっている段階が、C2の段階です。同じC2の段階でも、虫歯の出来た場所によって、平らに広がる場合と縦に深くなり神経に達する場合があります。

齲蝕が歯の中心部分の歯髄にまで及んだ段階を、C3と呼びます。この段階では、齲蝕の痛みで夜も眠れない状況にもなり、歯の神経が齲蝕で侵されている状態になります。

更に病状が悪化して、神経が死んでしまい感覚がなくなってしまうと、歯の根端病巣を治療するC4の状態になり、抜歯をすることになります。

原因は?

口の中には多くの細菌がおりますが、これらの細菌を口腔常在菌と言います。口腔常在菌の中で、最も齲蝕を引き起こすのは、ストレプコッカス・ミュータンスという菌ですが、最近の種類や量によって齲蝕の進行度合いが変わってきます。

治療方法は?

齲蝕の治療方法は、程度によって変わります。大抵の人は、冷たいものが歯にしみたという自覚症状が出るC2の状態から受診するケースが多くなります。

C0の段階は自覚症状が出ることはなく、フッ化物の応用などで健康な歯に戻ります。C1の場合は、コンポジットレジンによる詰め物で治療することができます。

C2の段階では、軽度の場合はコンポジットを詰めることも可能ですが、少し進行した場合は、痛みを感じる場合は麻酔をして虫歯の部分を削り取り、インレーという詰め物やクラウンと呼ばれる被せ物で治療をします。インレーやクラウンは、C3の治療にも使用されます。

また、金合金や白金加金合金を使用する場合もあり、現在ではセラミックも使用されています。

C3の段階は、最終的にはインレーやクラウンを入れますが、齲蝕が歯髄に及んでいますので、歯の神経の治療や根の消毒が必要になります。

虫歯の治療

予防するには?

齲蝕の予防をするには、細菌や食事による糖などの虫歯になる条件を理解することと、虫歯が発生する時はいつなのかを把握することも必要になります。

また、生まれながら虫歯になりやすい人となりにくい人がいることや、年齢による虫歯になりやすさも考えておく必要があります。

虫歯予防に歯磨きが最も必要であることは誰でも知っていますが、正しく歯磨きができている人が少ないことも事実です。

信頼のおける歯科医や歯科衛生士から、虫歯予防に有効な歯磨きの方法を教わることが、一番手っ取り早い効果的な予防につながります。

体験談

齲蝕につきましては、子どものころから苦痛の種でした。虫歯のわずらわしさや抜歯の痛さは、嫌というほど経験してきました。

歯磨きも欠かしたことはないのですが、何故か虫歯になってしまい、そのたびに治療してきましたが、若い頃の無茶もたたり、残りの歯も少なくなり、今は部分入れ歯を入れています。

ただ、最近利用した歯科医に恵まれて、今まで具合の悪かった入れ歯の具合が良く、また歯磨きの仕方も的確に指導してもらったので快適に食事ができ、今までとは異なる生活が送れるようになっています。

今まで地方も含めて、素人目にも抜く必要が無い歯を抜くなど適切とは言えない歯科の治療を受けて、随分損をしたような気分です。

歯科医は、ネットなどで良く調べて評判の良い腕の確かな、納得のいく歯医者を選ぶことが大事だとつくづく思います。

まとめ

 原因 齲蝕 初期症状
齲蝕は、誰もが経験する病気です。C0の状態では、正しい歯磨きを行って、齲蝕が進行しないようにすることが大切です。

C1からC4までの段階で症状が違い、治療法も違います。

冷静に病状を分析して、定評のある歯科医を選び、適切な治療を受けることが重要です。歯科医の治療法に疑問を感じる場合は、歯科医を変えてみることも必要だと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ