円形脱毛症の初期症状と原因は?正しい知識で健康な体を守る!

円形脱毛症は、よく聞く病気の一つです。

円形脱毛症とは、初期症状は、原因は、治療方法は、予防するには、などにつきまして説明します。

Sponsored Links

円形脱毛症とは?

円形脱毛症 初期症状 原因
円形脱毛症は、脱毛の病気として最も多いのですが、大部分の場合は自然に治ります。

頭に十円玉位か50円玉位の大きさの円形の脱毛の部分ができるもので、通常の男性型脱毛症とは原因が異なるので、区別される場合が多く、いくつかの型がある自己免疫病の一つです。

初期症状は?

症状は、突然頭の毛が円形に抜ける症状が出ます。抜ける際に、痛みやかゆみの症状はありません。

円形脱毛症の他に、円形でなくすべての頭の毛が抜ける全頭脱毛症や、眉毛やまつげ、液毛、陰毛など、身体の毛がすべて抜ける汎発型脱毛症などもあります。爪にもへこみが出ることがあります。

円形脱毛症は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患などと合併する場合が多く見られます。

原因は?

今までは、精神的なストレスが主な原因であると考えられてきましたが、現在では自己免疫が一番大きな原因であるという見解が主流になっています。自己免疫とは、自分の身体を守るために、細菌やウイルスの感染に反応して身体に損傷を与えてしまうことです。もし円形脱毛症になっても、毛包は残っていますので、発毛の可能性はあります。

自己免疫疾患の他にも、遺伝やストレス、内分泌異常なども円形脱毛症の原因として挙げられます。

遺伝は、どの遺伝子により症状が出るのかについては解明されておりませんが、家族に円形脱毛症の人がいる場合は症状が出ることが調査により報告されています。精神的ストレスも、円形脱毛症の発症原因と言われております。

ストレスを受けると交感神経が防御のために働きますが、ストレスが強すぎることや長く蓄積されることで、交感神経に異常をきたし、血管を収縮させ、身体全体の血行が悪くなり、円形脱毛症につながると考えられます。

内分泌異常は、妊娠中から出産後の女性ホルモンの減少が関係しています。妊娠中は、髪を育てるエストロゲンが増えるのですが、出産と同時に減少して、出産後半年間は抜け毛が多くなる傾向があります。

動画による皮膚病の解説 第4回[円形脱毛症]

治療方法は?

円形脱毛症が完全に治る治療法はまだ確立されておらず、様々な治療法が行われておりますが、それぞれ効果が得られることもありますや、リスクが高くなる場合もあります。

ステロイド局所注射は、症状が改善しない患者に対して使われることがあります。高い発毛効果がある反面、副作用も考えられるので子供には使用しません。

注射をするときには強い痛みが伴い、副作用として注射の場所が陥没する場合もありますので、使用には注意が必要になります。

局所免疫療法は、人工的にかぶれを起こして発毛を促す治療です。比較的広範囲に脱毛している患者に対して長い治療期間で行い、子供にも使用できます。

ただ、かぶれやじんましんなどの副作用を起こすことがあり、アトピー性皮膚炎や湿疹がある人は症状が悪化する恐れがあります。

その他、飲み薬の内服薬や湿布などの外用薬を使用する方法もあります。また、冷却治療や紫外線療法などもあり、かつらの使用も考えられます。

しかし、腎機能障害や皮膚がんのリスクが高まる飲み薬などや、検証が不十分な治療法は行うべきではないと考えられます。

予防するには?

円形脱毛症の予防には、決定的な防止策はありませんが、健康的な毎日を送ることが大切だと言われます。ストレスのない日々を過ごすことが、免疫機能が正しく働く基本になります。

頭皮環境を整えることも、予防のためには重要ですので、常に頭皮を清潔にする習慣が必要です。

精神的な要素も大切です。病気のことなどを考えて、くよくよすることや神経質な毎日を送ることが無いように気を付けることが大切です。一日を元気よく過ごして、栄養のあるものをしっかり摂って、充分な睡眠を取ることが、大きな予防になります。

Sponsored Links

体験談

円形脱毛症も含めて、髪が抜けたり薄くなったりした髪の悩みは、今までは一度もありません。

しかし、同じ年齢でも、若い頃から薄い人や、円形脱毛症になった人は大勢見てきました。遺伝的な人は防ぎようがないので諦めていましたが、思春期の中学生の頃薄い人は気の毒に思いました。

ただ、ある程度の年齢になると、禿げることや白髪になることが当たり前になりますので、それほど気にならなくなるようです。

50代以降あたりからは、オールバックにしたり、坊主にしたりして頭髪のスタイルを考えれば、年齢相応の魅力が出てくるような気がします。

まとめ

円形脱毛症も含めて、髪の毛は身体の健康と密接に関連しています。

あまり神経質にならずに、むしろ自分の好きなスポーツや芸術などに熱中して髪の毛のことを意識しない方が、結果的に健康的な生活が遅れて健康な髪の毛を維持できるような気がします。

逆にストレスなどを抱えて、精神的にイライラして、肉体的にも眠れなくなるなどの状態が続くと、髪にも悪影響が出ると思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ