悪心の初期症状と原因は?正しい知識で健康な体を守る!

悪心は、あまり聞きなれない言葉です。

悪心とは、初期症状は、原因は、治療方法は、予防するには、などにつきまして説明します。

Sponsored Links

悪心とは?

悪心 初期症状 原因
悪心(おしん)は、喉から胸やみぞおちの辺りにかけての、嘔吐が起こりそうなむかむかする不快な感じのことで、吐き気の状態を言います。

嘔吐は、胃や腸の中のものが口から吐き出されることを言います。悪心と嘔吐は、通常は連続して起こり、色々な病気が疑われる症状と考えられます。

悪心(あくしん)と読めば、悪いことをしようとする心、他人に害を加えようとする心の意味です。

初期症状は?

悪心や嘔吐には、唾液が多く出てくることや冷や汗が出てくること、めまいや脈が速くなることなどが伴い、脱力感や疲労感などの症状も出ます。

また、顔色が青白くなるなどや低血圧などの症状が一緒に出てくる場合が多くなります。

原因は?

悪心や嘔吐の原因としては、妊娠によるつわりや薬、食物エネルギー、便秘や下痢、風邪などの他に、腹痛がある場合と無い場合によって、疑われる病気が異なります。

腹痛がある場合は、胸からみぞおちの辺りであれば、逆流性食道炎などの疑いがあり、みぞおち近辺であれば、胃や十二指腸潰瘍や急性胃炎などの疑いがあります。

腹部であれば、胆石症や急性膵炎などの疑いがあり、腰部や下腹部であれば急性腎盂炎や尿管結石、虫垂炎などの疑いがあります。

腹痛が無い場合は、頭痛がある時は脳出血やくも膜下出血などの疑いがあり、眼痛の時は緑内障など、胸痛の時は急性心筋梗塞など、めまいの時は内耳炎などの疑いがあります。

⇒動画 吐き気やムカムカ、ゲップがしたいなどの症状。それは・・・

治療方法は?

悪心や嘔吐の治療は、その前に診察や検査をして、原因を突き止めた上で、原因に基づいた治療を行うことが効果的だと思われます。診察では、原因が特定できることや症状を、出来るだけ詳しく医師に伝えることが必要です。

何かの薬を飲んだ、動いた後に症状がひどくなる、食べた後に吐き気が酷くなるなどの状況や、気になることがあれば医師に伝えることが原因の特定に役立ちます。

検査は、血液検査、レントゲン、頭部CTなどで行われます。

治療による回復の段階がありますので、回復の目安の目標を立てることが宜しいと思います。

嘔吐の回数が少なくなった、食欲が出て睡眠が取れるようになった、などの症状の改善が目安です。

治療方法は、原因の治療は、原因の薬の服用の中止、排便のコントロール、食事の工夫などです。

点滴の治療は、食事や全身の状態を診て、点滴量を判断します。悪心や嘔吐を抑える薬も使います。

予防するには?

悪心や嘔吐の予防は、原因を特定して治療をすることが最大の予防になります。悪心や嘔吐の原因と思われる薬を飲むことをやめることや、食事の際の食品アレルギーの原因と思われる食べ物を食べないことが対策となります。

また、乗り物酔いの場合は、なるべく揺れの少ない咳を選ぶことで多少は悪心や嘔吐を防ぐことができます。

自動車の場合は前の席、飛行機は窓側の席などを選ぶことが効果的です。妊娠によるつわりは、クラッカーを食べて吐き気を緩和することや、生が茶を飲んで症状を緩和することが良いと考えられます。

二日酔いや胃腸炎には、水分補給が有効です。症状が激しい時は、医師の診断を受けることが最大の予防になります。

Sponsored Links

体験談

今は飲酒の機会がそれほど多くはありませんが、若い時は毎日のように仕事でも個人的にも深酒をしておりましたので、毎日が二日酔いによる悪心と嘔吐の日々であったと思います。

その頃の対策は、まず大量の水を飲んで、身体に残っているアルコール分を体外に排出することから始まります。

それでも排出できない時は、サウナの温室で温めることと冷水で身体を冷やすことで、一気にアルコールを輩出するという過激な方法を取ります。

考えてみれば、随分乱暴な方法を取っていたものだと思います。心臓にかなりの負担がかかる方法で、他の方には勧めることは出来ないと思います。

まとめ

悪心 初期症状
悪心や嘔吐は、それほど気にしなくても良い場合もありますが、色々な病気の徴候を示す場合もあり、注意をしなければなりません。

原因を特定して、適切な対応をした上で、症状によっては、早めの治療を病院の医師に行ってもらうことが大切なことになります。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ