悪露の初期症状と原因は?正しい知識で健康な体を守る!

悪露(おろ)という言葉は、あまり一般的に使われない言葉です。

悪露とは、初期症状は、原因は、治療方法は、予防するには、などにつきまして説明します。

Sponsored Links

悪露とは?

悪露 初期症状 原因
悪露(おろ)とは、分娩の後に子宮から出る分泌物のことです。

胎盤の一部や血液、粘液などを含んでいます。悪露は、産後から1ヵ月くらい続きますが、産後の直後ほど量も多く、赤い色をしていますが、徐々に茶褐色に色が変化して量も少なくなってきます。産後に悪露の量が少なすぎる場合や、逆に1ヵ月以上経過しても出続ける場合は、子宮の回復が順調でない可能性がありますので、健診時に医師に相談してみる必要があります。

初期症状は?

悪露は、産後直後からあらわれ、3日目くらいまでは、大量の鮮血状の悪露が下りてきます。4日目くらいから1週間目くらいまでは、褐色悪露という出産直後に比べ赤茶色の悪露に変化します。

産後1週間くらいから2週間くらいまでは、黄色悪露という、膿や子宮内の上皮が混じる悪露が下りてきますが、量は少なくなってきます。産後2週間くらいから1ヵ月くらいになると、白色悪露という透明な分泌液が下りてきますが、やがて消失していきます。

産後の悪露はいつまで続くの?

原因は?

産後の出血の悪露は、通常は1ヵ月くらい続きますが、その間の悪露が続く期間や、悪露の色や量、臭いなどが、正常であるか以上であるかの目安になります。それぞれの目安となる項目をチェックすることが、子宮の回復を知る要因になるとともに、異常がある場合は異常の原因がなんであるかを探る手掛かりになります。

悪露が終わる時期は、産後1ヵ月くらいが一般的です。早い人は、産後3週間くらいで悪露がなくなるか、気にならないほどに少なくなる場合もあります。母乳の人が、子宮の戻りが早く、悪露が終了するのも早い傾向にあると言われます。

産後1ヵ月以上経過しても悪露が続く時は、子宮の回復が遅れている何らかの原因が考えられる場合があります。悪露が1ヵ月以上続く時は、産後の1ヵ月健診で医師に相談する必要があります。

悪露の色は、産後から1週間くらいは、真っ赤な鮮血から茶褐色で、1週間から2週間くらいは茶色から黄色、2週間から3週間くらいは淡いクリーム色、3週間から4週間くらいは透明という目安があります。悪露は個人差があり一概には決められませんが、チェックして判断できます。

悪露の量は、最初は大量に出て血の塊が出ることもあります。1週間ほどで量が減ってきて、1ヵ月くらいで悪露の分泌が無くなるのが通常ですが、一度減ったが、ぶり返す時や、大量の出血と血の塊などが出て何度も続くことや下腹部に痛みがある時は、早めに病院の診察が必要になります。

治療方法は?

妊娠、出産を終えた子宮は、普通は6週間から8週間くらいの産褥期で元の大きさや硬さに戻ります。回復のスピードには個人差があり気にすることはありませんが、何らかの原因で子宮の収縮が遅れる子宮復古不全という症状になる場合もあります。

子宮復古不全の場合は、悪露が1か月過ぎても続き、大きな血の塊も出ることがあります。また、細菌感染を引き起こし、子宮の痛みを伴う場合もあります。

子宮復古不全の原因は、卵膜や胎盤が体外に出てこないで残り子宮収縮が進まない場合や、オキシトシンというホルモン分泌異常などが考えられます。

子宮復古不全の治療方法は、エコー検査によって卵膜や胎盤の一部が子宮内に残っていることが確認できれば、感染防止の抗生剤の投与や子宮内の残留物除去の処置を取ることができます。残留物が確認できず、子宮収縮の遅れが原因の場合は、子宮収縮剤で収縮を促し様子を見ます。

予防するには?

陣痛が微弱でお産の進行が遅かった人や、赤ん坊が大きくて子宮の筋肉疲労が激しかった人は、子宮回復が遅れることがあります。

また、産後安静にし過ぎると子宮の戻りが悪くなる可能性がありますので、徐々に体を動かすことが子宮復古不全の予防になります。

体調が良い場合は、産褥体操をすることもおすすめです。また、オキシトシンを分泌するために、授乳の習慣を付けることも効果的です。

Sponsored Links

体験談

自分自身では体験はありませんが、妻や娘の妊娠や出産の状況から、体調の悪さや回復の経過を観察することができました。現在は、医学的な進歩もあり妊娠や出産のリスクは低くなりました。

もし異常事態が起こっても、医療的な治療態勢が整っていますので、大事に至らない場合が多いと思います。とはいっても、身内の出産に際しては、祈るような気持ちになり、産後の悪露の推移につきましても、心配になることに変わりはありません。

まとめ

原因 悪露 初期症状
産後の1ヵ月は、悪露の期間や量、色や臭いなどをよく観察して、順調に子宮が回復するように見守る必要があります。それぞれの項目に異常があるようであれば、1ヵ月健診や早めの医師の診察を受診することが大切です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ