潰瘍性大腸炎の初期症状と原因は?正しい知識で健康な体を守る!

潰瘍性大腸炎は、大腸の病気です。潰瘍性大腸炎とは、初期症状は、原因は、治療方法は、予防するには、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

潰瘍性大腸炎とは?

潰瘍性大腸炎 初期症状 原因
潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜が炎症を起こしてただれなどが見られ、潰瘍ができる病気です。粘血便や下痢、腹痛などの症状があり、良くなったように見えても数か月から数年後に再発して悪化することもあります。

20代から30代の年代に多いのですが、50代から60代の年代にも発症します。潰瘍性の大腸がんは、欧米人に多く日本人には少ないと思われていましたが、近年は日本の患者が増えている傾向にあります。

初期症状は?

初期症状は、血便や粘血便、下痢や腹痛などです。症状が悪化してくると、体重の減少や貧血、発熱などが見られるようになります。

タイプによって分類され、治療で治っても数か月から数年後に再び発症して悪化することを繰り返す、再燃緩解型と呼ばれるものや、症状がだらだらと長く続く、慢性持続型と呼ばれるものがあります。

原因は?

原因は、大腸粘膜に対しての何らかの異常な免疫反応によるものとされています。つまり、身体の中に異常な抗体ができて、この抗体が大腸粘膜を攻撃することなどが原因と考えられています。

しかし、はっきりとした原因が明らかになっているわけではなく、遺伝的な素因や食生活、腸内の細菌の変化などの要因が複雑に絡み合って、潰瘍性大腸炎の原因となっていると思われます。

肉体的、精神的なストレスで病状が悪化することもあります。

潰瘍性大腸炎

治療方法は?

治療方法は、症状の程度によって異なります。軽症の場合は、5-アミノサリチル酸製剤の内服や、ステロイド薬の内服を行います。炎症が直腸や大腸の左半部の場合は、ペンタサやステロイド薬の注腸製剤を肛門から腸内に注入する治療をするケースもあります。

重症の時には入院をして、5-アミノサリチル酸製剤のサラゾピリンやペンタサの内服の他に、ステロイド薬を静脈内に投与することがあります。白血球の除去療法は、炎症の原因となる白血球を血液から取り除く治療で、副作用が少ない治療方法です。病状により、免疫抑制薬を使用することもあります。

以上の治療でも症状が続き、改善されない時は、大腸を摘出する手術が必要になることもあります。また、潰瘍性大腸炎が発症して10年以上経過すると、大腸がんの発生するリスクが高まってきます。

予防するには?

潰瘍性大腸炎を予防するには、飲食物に気を付けることが大切と考えられます。食べ物は、身体の炎症を抑える効果があると言われるEPAやDHAの油を含む青魚が、効果的だと考えられます。また、食物繊維も栄養の吸収を穏やかにするので、特に脂っこい料理を食べる時には繊維質な野菜などを一緒に食べることが良いと思われます。

逆に、菓子類や揚げ物、インスタントラーメンなどはリノール酸の植物性油脂が使われており、身体の中の炎症作用が高まると考えられます。

乳酸菌は、意識的に継続して摂取すると、腸内細菌バランスを整えますので、潰瘍性大腸炎のような炎症性の疾患の予防につながると考えられます。

また、潰瘍性大腸炎を早期に発見すれば早期に治療ができ、完治に近づける可能性が高いので、人間ドッグなどの定期的な検査を行ない、予防することが大事だと思います。

Sponsored Links

体験談

若い頃から暴飲暴食を続けてきましたが、大腸などの疾患はほとんど経験したことがありません。潰瘍性大腸炎は、20代の後半が発症のピークのようですので、これから発症することもほとんどないと考えられます。

ただ、日本人の食生活の変化により潰瘍性大腸炎が増えている原因の一つと考えられているようですので、自分も脂っこいものが好きなので、なるべくリノール酸が使用されていると思われる食べ物は控えめにして、腸の健康を保つように心掛けたいと思います。

まとめ

潰瘍性大腸炎は、日本人の食生活が欧米に近づいてきて、毎年患者が増えてきていると言われています。日本人の食事は、ヘルシーで身体に良いとされてきましたが、欧米の食文化が導入されて、便利になった反面、内臓には負担がかかる食べ物も多くなったように思われます。

ジャンクフードを全く食べないわけにもいきませんが、身体には良くないことを自覚して控えめに食することも大事だと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ