夜キャベツダイエットでスリムに変身!効果抜群なやり方とは?

ダイエットの中でも野菜系のダイエットは野菜のビタミンが摂取できる健康的なダイエット方法です。

そのなかで、夜キャベツダイエットは芸能人もチャレンジしている有名なダイエットです。正しいやり方でやれば、効果が期待できます。効果的な方法をご紹介します。

Sponsored Links

夜キャベツダイエットとは?

夜 キャベツ ダイエット
夜は高カロリーの食事になりがちです。

夕飯の前にキャベツを食べることで、満腹感が得られ、そのあとの食事を減らすことができ、食事のカロリー減になります。とてもシンプルなダイエット法です。

ゆでキャベツダイエットは美容と健康にもイイ♪

正しいやり方

夜食事の前にざく切りにしたキャベツを1/6個食べます。食事は普通に取ります。キャベツは10分間ぐらい噛み続けるようにします。

よく噛むことで脳の満腹中枢が刺激されて満腹感を得られるのです。またキャベツには食物繊維が豊富なので、消化に時間がかかるので満腹感を維持する時間が長いので、食べすぎ防止にも役立ちます。

キャベツの調理方法
できれば生のキャベツが良いのですが、毎日生のキャベツを食べ続けていると飽きてきます。ゆでるというのも一つの方法です。炒めると油のカロリーを取ることになり、あまり効果的ではありません。ドレッシングを使う場合はノンオイルがおすすめです。そのほかにスープに入れたり、味噌汁にする方法もあります。レンジでチンしてお好みの味付けで食べるのもおすすめです。1分か2分ぐらいならビタミンCも失われず、キャベツの甘みをそのまま味わうことができます。

たんぱく質をとること
キャベツダイエットはキャベツをたくさん食べるダイエット方法ではありません。キャベツはあくまでも満腹感を得るためのものです。たんぱく質は筋肉をつけるための大事な栄養素です。きちんとたんぱく質がとれないと代謝が悪くなり、痩せにくくなります。人間が一日に必要なたんぱく質は、普通体系の人で自分の体重×1.08gです。50キロの人なら54gは必要です。部位にもよりますが、魚や肉だと100グラム中に20g前後のたんぱく質が含まれています。お豆腐半丁で10g、卵は1個あたり6g、牛乳なら1杯200mlあたり6gのたんぱく質が含まれています。

効果

正しいやり方で3か月実行すると、個人差はありますが、5%から10%の体重減が期待できます。キャベツにはそのほかウレシイ健康効果がたくさんあります。

食物繊維が豊富
キャベツにはたくさんの食物繊維が含まれています。便秘を改善してくれるので、腸内環境がよくなり美肌効果も期待できます。

ビタミンUが大活躍
キャベツの中にはビタミンUが含まれています。このビタミンUは胃の粘膜を丈夫にしてくれるほか、癌や動脈硬化の予防もしてくれるすごい働き者なのです。さらには肝臓の機能を高めたり、新陳代謝をよくしてくれたりとさまざまな効能が期待できる成分なのです。

ビタミンCもいっぱい
キャベツの葉4枚で1日に必要なビタミンCが取れるほど、ビタミンCが豊富に含まれています。免疫力アップや美肌効果もあるのは芯の部分ではなく外側の葉の部分です。なるべく新鮮でみずみずしいものを選びましょう。

Sponsored Links

リバウンドリスクはあるの?

無理な食事制限がないので、リバウンドリスクは少ないと思われます。食前のキャベツをしっかり噛んで満腹感を得てから食事をすれば、あとは普通に食事を取れるので食事に対するストレスはほとんどないはずです。

また、バランスよく食べてたんぱく質を十分とるようにすれば、筋肉を維持できるのでリバウンドしにくくなります。

まとめ

ダイエット 夜 キャベツ
やり方はいたって簡単な夜キャベツダイエット法ですが、毎日続けることで健康的にやせることができます。

キャベツの食べ方は生が理想ですが、おいしく食べられればそんなに食べ方にこだわらなくても良いと思います。

できれば最低一週間分の違ったメニューを準備してからはじめると、毎日続けやすいと思います。調理方法もいろいろ工夫して楽しく夜キャベツダイエットに取り組んでみて下さい。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ