夏風邪で下痢になった時の治し方は?長引かせない為のポイント!

夏風邪を引き下痢になる時があります。

夏風邪が長引く理由は、下痢になった時の治し方は、夏風邪で下痢にならない予防法は、などにつきまして説明します。

Sponsored Links

夏風邪が長引く理由は?

夏風邪 下痢 治し方
夏風邪が長引く理由は、エアコンが効いた室内と猛暑日や真夏日が続く夏の屋外の気温差と湿度差にあります。

室内と屋外の気温と湿度の差が大きい日が何日も続くと自律神経が乱れてしまうので、体温調節ができない体の状態になります。また免疫力も低下するので風邪を引きやすくなります。

夏の間は気温と湿度の差が大きい日が続くので体調が改善することはなく、夏風邪が長引くことになるのです。夏風邪を治すには、できるだけ睡眠を取り免疫力をつけて、自然に治すことを心掛けることが大切です。

その他に、喉の痛みにはこまめに水分を補給することが効果的です。

また、微熱であれば入浴をすることも体が温まりますので新陳代謝が高まり免疫力の回復になります。

下痢になった時の治し方は?

夏風邪の原因はウイルスですので、下痢の症状は腸内で繁殖したウイルスを外に出そうとしているので、市販の下痢止めを飲むことは逆効果になる危険性があります。

まず、病院で診察を受けて医師に処方をしてもらうことが必要で、重度の下痢で下痢止めを使用する判断も医師に任せることです。

夏風邪で腸の好きなウイルスが腸の粘膜に棲みつくと、疲れや睡眠不足、ストレスなどで腸内環境が悪くなって、免疫力が低下します。

そうするとウイルス菌が更に繁殖して粘膜が炎症を起こし、下痢がはじまります。自分の判断で市販の下痢止めを服用することは回復を遅らせる原因になることも多く、要注意です。

風邪で抗生物質を服用すると、風邪のウイルスを退治すると共に腸内細菌も退治されてしまいます。

そうすると、腸内細菌の善玉菌が減少して悪玉菌が優勢になり腸内環境が悪化し下痢がひどくなります。

下痢改善プログラム 短期集中講座

夏風邪で下痢にならない予防法は?

風邪の原因はウイルスですので、手洗いやうがいは風邪を予防するには必須のことになります。特に外出から帰った時には、入念な手洗いとうがい薬を使ったうがいをすることが大切になります。

室内でクーラーを使用する時は温度を28度に設定して、冷やし過ぎないように注意することです。

食事にも気をつけて、特に発酵食品を食べて腸内善玉菌を増やせば、善玉菌が腸を守ってくれます。

夏風邪が流行っている時期の外出を控えて、ウイルスが蔓延しやすい人混みなどを避けることです。夏風邪のウイルスは目から感染することもあります。目薬を差すことでウイルスを洗い流せます。

豆知識

夏風邪で咳が止まらない場合もあります。咳でも激しい場合は、喘息死という状態で命を失う場合もあります。

咳が止まらない場合は病院の呼吸器科で診察することが必要です。咳の症状が他の病気の可能性もあります。たとえば、肺炎や結核、アトピー性鼻炎や夏型過敏性肺炎も咳が止まらない原因になることがあります。

Sponsored Links

体験談

夏風邪で下痢になったことは何度かあります。それほどひどくはなりませんので、あまり神経質には考えませんでした。夏風邪に限らず排泄行為で異常がある時は、体が信号を送っているのだと考えることにしています。

そして、できるだけ薬などは服用せずに休養を中心にして体の状況に合わせます。

少し落ち着いてきたところで、刺激の少ない飲み物の湯冷ましや粥やうどんなどの食べ物を徐々に摂るようにして、体力の回復をはかるようにします。

まとめ

治し方 夏風邪 下痢
夏風邪の下痢は、市販の薬などを服用せずに、安静にする風邪の治し方を中心に考えるべきです。激しい下痢が止まらないでいつまでも続く時は、病院で診察を受けて、医師の処方に従うことが賢明だと思います。

日頃から手洗いやうがいを励行して、感染しないようにするとともに、食生活に注意するとともに、クーラーなどのかけ過ぎをしないような注意が必要です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ