葬式の持ち物を100均で揃える!安値でも常識的なマナー

葬式の持ち物はほとんどが100均で揃えられます。

葬式の持ち物は、100均で揃える葬式の持ち物は、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

葬式の持ち物は?

葬式 持ち物 100均
以前の葬儀は喪主や遺族の服装が正式礼装でしたが、近年ではほとんどが略礼装になってきています。

男性は略礼装のブラックスーツで通夜や葬儀、告別式に臨むことが多くなりました。女性は、通夜は洋装で葬儀と告別式が和装の正式礼装でしたが、最近は葬儀と告別式も洋装の人が多くなっています。

葬式の持ち物は、バッグは喪服と同様の柄のない黒色で光沢のないものを選びます。

派手な金具などが目立つものは控えます。女性のバッグは、ショルダーバッグや光沢のある素材は避けるべきです。

アクセサリーは結婚指輪の他は外します。ゴールドの指輪やイヤリング、ピアス等も装着しない方が無難です。アクセサリーをつける場合は、一連の真珠のネックレスにします。靴は、男性の場合には光沢のない黒が基本になります。

ストレートチップの靴紐であればフォーマルな感じで間違いがなく、ローファーはカジュアルなイメージがありますので避けた方が無難です。

女性の靴も、エナメルなど光沢のある靴やミュールサンダルなどの靴は避けて、色は黒を選ぶことです。数珠は本来念仏や真言、題目を数えるための仏具です。

通常は煩悩の数と同じ108の珠を繋いだ形で、亡くなった人や仏さまに敬意を表すために用います。ハンカチは白か地味な色を選びますが、最近は花柄も一般的です。

葬儀マナー講座005お通夜・告別式の服装

100均で揃える葬式の持ち物は?

葬式は急なことが殆どですので、100均で葬式の持ち物を購入できるのは便利です。慌てて、数珠を忘れることもありますが、そのような時は100円ショップで簡単に手に入れることができます。

特にこだわらない場合は、袱紗や香典袋も100均で揃います。通夜、葬式の時の香典袋には薄墨でご霊前と書きます。

下半分に葉自分の名前をフルネームで書き、中袋には住所氏名、金額を書きます。100均には、黒いネクタイ、白や黒のハンカチ、黒靴下やストッキングなどもあります。

豆知識

ご霊前の香典袋は中袋がついている場合が多いので、中袋付きの不祝儀袋のマナーを述べます。

まず中袋にお札を入れます。その際お札の顔を裏向きにして、大きな壱万円などの文字が上になるように入れます。次に表袋の折り返しは、不祝儀袋の場合は下側の折り返しを隠し上側の折り返しが見えるようにします。

住所氏名などの記載欄がある場合は、忘れずに記載します。それから中に入れるお札ですが、どの程度使ったお札にするかが大切です。新札は好ましくないのですが、あまり古すぎて、ボロボロになっているのも失礼になるので避けます。

新札がダメなのは、あらかじめこの日のために用意していたと解釈されるからということです。ある程度きれいであれば財布に入っているお札でも良いと考えられます。お札が複数になる場合は、四隅を揃えて入れるのが基本です。

Sponsored Links

体験談

今までに色々な葬儀に出席してきましたが、ありきたりではありますが、一般的な形式に則り葬儀が進むのが落ち着きます。葬儀に続く1周忌なども、全くの喪服でなくても葬儀に殉じた黒中心の服装が良いと思います。

最近出席しました1周忌で、ジーパンにポロシャツの服装の若い人がいました。

他の出席者が黒っぽい服装に黒いネクタイを締めている中で、異様な感じを受けました。

何か考えがあるのかもしれませんが、個性を発揮する場としては相応しくないので、あまりいい感じはしませんでした。

しかし、意見を言うような関係でもないので、見て見ぬふりをするしかありませんでした。

まとめ

100均 葬式 持ち物
100均は、急の葬儀などの時に役に立ちます。数珠や香典袋の他、黒いネクタイや黒や白のハンカチなども調達できます。

喪服などは用意していますが、小物類は忘れがちですので、100均は有り難い存在です。香典袋に記入する筆ペンなどもすぐに100均で対応できるので重宝します。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ