赤ちゃんが乾燥肌!スキンケアの方法は?おすすめ商品も紹介

赤ちゃんは乾燥肌になりやすい面があります。

赤ちゃんが乾燥肌になりやすい理由、スキンケアの方法は、赤ちゃん乾燥肌対策おすすめ商品、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

赤ちゃんが乾燥肌になりやすい理由

赤ちゃん 乾燥肌 スキンケア
赤ちゃんの肌は大人の肌に比べると、半分ほどの厚さしかありません。肌が薄いのに体内の水分の蒸発を防ぐ角層もまだ発達していませんので、肌荒れが起こりやすい状態になっています。

また、角層が機能していませんので簡単に水分が失われやすくなっていますので、肌が乾燥肌になりやすいのです。

生まれて間もない頃は皮脂の量が多いのですが、4ヵ月頃になると皮脂の分泌量が減り始めて、完全な皮膚膜を形成できなくなり水分が抜けたカサカサの状態になります。

赤ちゃんの肌は母親の食べた物や環境が大きく影響します。インスタント食品やアルコール、カフェインなどは肌に悪い食べ物です。

親子は肌質も遺伝します。遺伝しやすいとされているのは、敏感肌やアレルギー、ニキビだと言われています。また毛穴がつまりやすいことや異物への過剰反応は遺伝で引き継ぐと言われますので注意が必要です。

肌に敏感で荒れやすい乳幼児期には、スキンケアが非常に重要になります。また赤ちゃんは、肌から水分が蒸発しやすいので母乳やミルクで潤いを与えて、大きくなってきたらお茶や果汁などを加えて水分が不足しないように注意することが必要です。

汗で汗腺がつまって、皮脂で肌荒れを起こすこともありますので、赤ちゃん用のシャンプーでしっかり洗い、肌のトラブルを防ぐことが大事です。

赤ちゃんの乾燥肌は生後2週間くらいからと言われ、1ヵ月から半年程度で治ります。ほとんどの場合は1歳から2歳で治りますが、悪化する場合は早めに医師に相談することが必要です。

スキンケアの方法は?

赤ちゃんのスキンケアは、生まれた瞬間から始まります。

生後1月頃までは沐浴で、1月を過ぎたら頃からは一緒にお風呂で綺麗にしてあげることです。

風呂上がりにはベビーローションで保湿することが基本的なスキンケアです。生後3月くらいまではしっかり洗い保湿して、4月以降は保湿を重点的に行います。

3月までは、ガーゼや指で丁寧に洗い、赤ちゃんソープも使用します。入浴後は保湿のため、すぐにベビーローションを使用します。

4月以降は保湿に力をいれて、ベビーオイルやワセリンを使用することも、選択のひとつです。

赤ちゃんの肌は紫外線のダメージも受けやすいので外出時のUV対策も大事です。

赤ちゃんのスキンケア-ベビーゲル(ドクターシーラボ)

赤ちゃん乾燥肌対策おすすめ商品

それでは、赤ちゃん乾燥肌対策でおすすめの商品には、どんな商品があるのでしょうか?ここでは、赤ちゃん乾燥肌対策おすすめ商品を紹介して行きますね!

商品名:キューピー ベビーミルクローション 120ml

おすすめの理由
天然のスクワラン配合で肌の潤いを保ち、ベタつきを感じにくくします。顔だけでなく全身に使えるミルクローションです。
URL:キューピー ベビーミルクローション 120ml

商品名:ベビーモイスチャーローション 120g

おすすめの理由
赤ちゃんの胎脂(たいし)に着目して作られており、赤ちゃんの肌質に合った保湿ローションです。
URL:ベビーモイスチャーローション 120g

商品名:ミルクローション 150ml

おすすめの理由
ホホバオイル、シアバターなどの天然素材から出来ていて、赤ちゃんのスキンケアにおすすめです。さらっとした使用感があり、資質肌、乾燥肌に効果的です。
URL:ミルクローション 150ml

商品名:ベビーローション 120ml

おすすめの理由
セラミドやアミノ酸、ヒアルロン酸など肌に優しい成分が赤ちゃんのことを考えて配合されています。べたつかず、肌になじみやすい使用感です。
URL:ベビーローション120ml

商品名:フォーファム ボディミルク 300g

おすすめの理由
5種類のセラミドやアルガンオイルなど天然オイル、植物由来のエキスが配合されています。無香料で、しっとりと肌が潤います。
URL:フォーファム ボディミルク 300g

豆知識

赤ちゃんの肌では、何でも口に運ぶので口の周りが心配です。離乳食が始まっている時期は特に気なる部分です。

ご飯などを食べた後は特に汚れていますので、濡れたガーゼなどを使用して少し叩くように優しく吹いてあげるのが良いようです。口の周りが荒れている場合、口の中に入っても大丈夫なようにオリーブオイルを使用することが良いと思います。

Sponsored Links

体験談

赤ちゃんの世話をする機会が増えましたので、赤ちゃんの肌荒れや体調不良は気になります。

風呂や食事の世話だけでなく、怪我や肌荒れには十分な注意が必要だと思います。

まとめ

スキンケア 赤ちゃん 乾燥肌
赤ちゃんの肌は薄く荒れやすいので、3月あたりまでは汚れに気をつけることと、4月以降は肌荒れに気をつけて保湿に心掛けることが大切です。

ベビーローションやオイルを使う場合は、できるだけ自然の素材で安全な商品を使用することが重要です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ