早慶戦のチケット購入は難しいの?人気の秘密と歴史を探る!

世の中には実にさまざまなスポーツがありますが、それぞれにスポーツにおいて「伝統の一戦」と言われるものが存在しています。

もちろんこれは世界各国にもありますが、日本で言うとプロ野球の巨人VS阪神、大学スポーツでは体操競技の日本体育大学VS筑波大学、そして、ラグビー・サッカー・野球・ボートでは早稲田大学VS慶応大学のいわゆる「早慶戦」が有名です。

今回はこの「早慶戦」にスポットを当てて、リサーチしてみましょう。

Sponsored Links

早慶戦とは?

早慶戦 チケット 購入
前書きにあげた通り、「早慶戦」にはラグビー、サッカー、野球、ボートの競技がありますが、ただ単に「早慶戦」と言って筆頭にあがってくるのは「野球」でしょう。

歴史は?

この野球の「早慶戦」の歴史は、今から100年以上も前にさかのぼります。

1903年(明治36年)に、発足から1年程度しか経っていない早稲田大学野球部の主将橋戸信さんが、発足から20年近い歴史を持ち伝統ある慶応大学の野球部に挑戦状を叩き付け、それに慶応大学が応じて試合が開催されたのが始まりだと言われています。

この試合の結果は11対9で慶応大学の勝利でしたが、格下と思われていた早稲田大学が健闘したことに対して慶応大学側も対戦相手としてふさわしいと感じ、翌年から定期戦を行うことになった、と言われています。

ところが、この「早慶戦」に余りにも熱が入ってしまって、その勝敗結果次第では乱闘騒ぎも起きかねない状態になってしまい、1906年(明治39年)に慶応大学側からの申し出によりしばらく中止になりました。

その後20年余りが経過した1925年(大正14年)に、東京六大学(早稲田、慶応、明治、法政、立教、東大)のリーグ戦の中で再び「早慶戦」が組まれるようになって復活し現在までに至ります。

早慶戦のチケット購入は難しいの?

このようにとても熱を帯びている感じのする「早慶戦」ですので、野球観戦のためのチケットについて「購入できるのだろうか?」という不安が頭をもたげてしまいますね。

でも、安心してください。試合観戦のための座席は「応援席」と「一般席」に分かれていて、やはり応援団を中心として現役の学生たちが座る「応援席」のチケットは早めに完売することが多いようですが、「一般席」は当日券でも入れる場合があります。

また、もし「応援席」に座って現役学生たちと一緒に応援したい時は、学生席入り口の近くに立っている学生さんに頼むと代行して応援席チケットを買ってくれるそうです。さらに「一般席チケットを買ったけれど応援席に行きたいなぁ~」という時は、スタンド下の通路から応援席まで行けるそうですので、あらかじめ一般席チケットを買って応援席の込み具合をみてから移動するという手段もあるでしょう。

いずれの場合も、早めにチケットを購入する手はずを整えておくことが大切ですね。

Sponsored Links

豆知識

世間的には「早慶戦」と呼ばれることが多い早稲田大学と慶応大学の戦いですが、実は「早慶戦」と呼ぶのは早稲田側からの呼び名で、慶応側からはこの試合を「慶早戦」と呼びます。

これは世界各国の間で結ばれる条約などでも同じように、自分の側の名称から先に言う習わしがありますので、それに添ったものです。

ただなぜか、世間的には「早慶戦」の呼称が有名ですので、慶応大学の人にとってはちょっと歯がゆいことでしょう。

まとめ

どんなスポーツであっても「伝統の一戦」と言われる戦いでは、なぜかしらいつも以上に心が躍ってしまい、競技を行う者はもちろんそれを応援する者のボルテージも非常に上がってしまいます。

その時の在校生を中心にOBやOG、そしてその学校の関係者ではないけれどいつの間にかファンになってしまった人などが、スタンドに大挙してきてみんなで素晴らしいプレーに酔いしれ、グラウンドとの一体感を感じると「この学校の関係者でよかった~」と痛感することでしょう。

ぜひあなたもこの一体感に酔いしれてみてください。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ